• 足りない!を防ぐために...キッチンやリビングの収納はこう考える!

    みなさん、こんにちは。株式会社ホームズです。

    前回は、「物置や衣類の収納はこう作る!失敗しない考え方」のご案内をしました。

    いかがだったでしょうか?

    収納を後から増やすことは難しいので、家を建てるときにしっかり検討してくださいね。

    さて、今回は家族の中でも特に主婦が気になるキッチン周りやリビングなどの収納について書いていきたいと思います。

    使う頻度が多くなる場所の収納でもあるので、要チェックです!

    【リビング収納】

    掃除機や掃除用具、ティッシュなどの消耗品やストックなどを置くことが多いリビング収納。比較的普段使いのもの、出し入れする機会が多いものを入れるスペースになり、我が家の間取りは、階段下がリビング収納で広さが確保できなかったため、カラーボックスを活用して収納力をアップさせています。ここに取扱説明書なども置いたりしています。リビング収納は1か所に大きく作るよりも、置くものを考えてそれぞれの場所に作っておくと便利です。

    2618600.jpg

    【キッチン】

    調味料や食料品などのストックなど、比較的重量のあるものが多いです。可動式の収納も便利ではありますが、作り付けの棚の方が安定性がありおすすめです。

    また、キッチンはスペースが限られているため、頭上に棚があるケースも多いのですが、女性には高すぎて使いづらいことも。

    なので、スペースを有効活用するために頭上に収納を作る際は、手動で目の高さまで降ろすことができる吊戸棚がおすすめです。

    速度も一定で、スムーズに上げ下ろしができる荷重切替機能など、とても使いやすくできています。

    kako-Ovw2kc4TrlDrc4lN.jpg

    【洗面所】

    意外に収納が少ないのが洗面所です。

    お宅訪問をしたとき、下着やバスタオル、パジャマ、部屋着などを置く収納場所を確保されている方が何人かいました。私が家を建てたときは考えもしていませんでしたが、「確かに便利だなー」と思います。

    湿気が多い場所でもあるので心配な方もいますが、換気扇やエコカラット、珪藻土、シリカゲルなどで湿気対策することができます。

    kako-IqoOr1wHuYmA01RS.jpg

    【トイレ】

    トイレットペーパーや衛生用品が収納できるスペースがあると便利です。来客を考慮して、収納物が見えないような作りにしておくといいですね。

    我が家の例でいくと...トイレの収納のことは一切考えていませんでした!トイレットペーパーホルダーの下がちょっとした収納棚?のようになっていますが、まったく足りるわけもなく...。なので、ホームセンターに行き棚を購入し、トイレ上部のスペースに設置した経験があります。

    kako-OHtjOSZMzlIiog9I.jpg

    収納は、「壁の面積の広さ」で収納量が決まってきます。だからといって、奥行きがありすぎても使いにくい時も多々あります。

    どこの場所に限らず、無駄にならない収納を作るポイントは

    ・何をどこに置くか、モノに合わせた収納スペースや奥行きにする

    ・使う場所の近くや動線に収納場所を作る

    ・将来を考えて収納に余裕を持たせておく

    この3点が特に重要です!

    さて、前回と今回で2回にわけてお届けした収納の失敗シリーズ。

    収納を考える上で重要となるポイントはかなり多かったのではないでしょうか。

    また家を建てられている方の多くが、収納について「もっとこうしたら良かった」と思っている場所が必ずと言っていいほどあります。

    そういう方の意見を聞くのもいいですし、今住んでいて不便に感じるところをメモに残しておくのもおすすめです!

    ホームズでは、便利な生活を実現して頂くため生活動線アドバイスや施主様のご自宅訪問会を開催しています。

    収納にこだわりを持った施主様もたくさんいらっしゃいます!こちらもとても参考になります!ぜひご利用くださいね。

    足りない!を防ぐために...キッチンやリビングの収納はこう考える!




30年の知識と経験を生かし、自信を持って家づくりをお手伝いします!