• 悪いことばかりじゃない!部屋の日当たりと明るさの考え方

    みなさん、こんにちは。株式会社ホームズです。

    家を建てるとき、引越しされるとき「日当たり」を気にしたことはありますか?

    きっとほとんどの方が日当たりがいいところを探したり、日が当たるように間取りを考えたりしていると思います。

    日当たりの良さでいけば

    1. 西

    の順番になります。

    日当たりの悪い部屋はよくない物件というイメージを持っている方もいるかもしれません。が、すべての部屋の日当たりが良くすることは難しいのも事実...。

    一般的に日当たりが良くない部屋のデメリットは

    ・光が入りにくいためカビが生えやすい

    ・冬場の暖房費がかかる

    ・寒くて湿気が多く、快適とはいいがたい

    この3つが日当たりが良くない部屋で起こりうることかなと思います。

    ですが、メリットもあります。

    ・涼しい

    ・夏場の冷房費が抑えられる

    どの方角に対してもメリットだけ、デメリットだけということはないので、それぞれの特徴を踏まえて部屋(間取り)を決めていくといいです。

    ただ、近年は全館冷暖房など住宅の仕組みでデメリットを解決している方法も増えています(当社も含む)

    家を建てるとなるとずっと住むことになるので、日当たりのよくない部屋も工夫して快適に過ごせるようにすることが大切です。

    画像1.jpg

    【窓や天窓の設置】

    日当たりが良くないということは、何か障害になるものがある(建物や方角)ということではありますが、建物の真上に障害物があることは少ないので、上の方に窓を付ける、天窓を付けると差し込む光の量が増えます。

    リビングの日差しが足りないと感じるときも、天窓や上の方に窓をつける、リビングの横枠を使って窓を取り入れるのもいい方法ですね。

    西や北側の部屋も、高い位置に窓を持ってくることで光の量が安定します。

    ただ、窓は光をたくさん取り入れるのに適していますが、家の耐久性も考える必要があるので必ず工務店の方と相談しましょう。

    ※天窓は将来的に雨漏り等の問題が発生することがあるので、専門の方の意見は必ず聞いてくださいね。

    画像2.jpg

    【反射する光を使う】

    太陽光が入りにくい部屋でも、ベランダやウッドデッキ、庭にはしっかり日中の光が差し込む場所にあります。

    たとえば、庭やウッドデッキに光が当たる場合、白系にすると光の反射が強くなるので、部屋が明るくなります。

    事前に日当たりが良くないとわかっているときは、明るい色のエクステリアを選ぶといいでしょう。

    また、住んでみて明るさが足りないと思ったら、ウッドデッキなら白のペンキで塗ったり、庭に白い砂利や芝などを植えると明るくなります。

    画像3.jpg

    【あえてLDKを2階に】

    親から譲り受けた土地に家を建てる、費用面から日差しが遮られる土地を購入するなど、十分な日差しを確保できない土地に家を建てることも少なくありません。

    一般的にみると、LDKが1階にある家が多いと思いますが、はじめから日当たりが心配な土地へ家を建てるときは、LDKを2階するのもおすすめです。

    1階の日当たりが良くないと、湿気もこもりやすくカビが生えてしまう可能性があります。

    ですが、2階にLDKを設置することで高さがでるので、外からの光を取り込みやすくなります。

    また、天窓や上層部に窓もつけやすくなるので、より日差しが入りやすく快適に過ごせるLDKになります。

    普段から長時間いるであろう部屋は2階に、寝室、クローゼットなど過ごす時間が少ない部屋を1階に設置することで、自然の光を浴びやすい環境ができます。

    画像4.jpg

    【吹き抜けやダクトを活用】

    吹き抜けや光ダクトは、1階にLDKを作る中で日差しが足りないときにおすすめの方法です。

    光ダクトというのは吹き抜けと似ていて、1階まで光が差し込むように解放されたスペースを作ることをさします。

    スペースが限られた住宅でも、吹き抜けや光ダクトを取り入れることで明るさが確保でき、多くの太陽光が差し込むので快適に過ごせます。

    画像4.jpg

    【部屋を明るい色に】

    日当たりが確保しにくい部屋は、インテリアや壁、床、建具などを明るい色のものを選ぶといいでしょう。

    壁、床、建具が白の部屋と、建具、床が茶色の部屋の明るさはかなり違います。

    すべての部屋にたくさんの日差しを取り入れることは難しいので、あらかじめ日差しが届きにくいとわかっている部屋は、あえて白系でまとめてみてください。棚などを購入するときも白系の明るいものを取り入れるとさらに明るく感じられるようになるのでおすすめです。

    画像5.jpg

    賃貸物件であれば、引越しをすれば日当たりの悪さを解消することはできますが、戸建て住宅ではそうはいきません。

    最近は、日当たりが良くない土地や部屋ができてしまう場合でも、工夫して光を取り入れる技術を持った工務店が増えてきています。

    ホームズも、周囲の環境や土地、お客様のご要望を伺いながら、快適に過ごして頂けるお家造りをご提案しています。

    ずっと住む家だからこそ、日常生活の中で光を取り入れる工夫をすることが大切です。

    無料相談会も実施しておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

    悪いことばかりじゃない!部屋の日当たりと明るさの考え方




30年の知識と経験を生かし、自信を持って家づくりをお手伝いします!